目前分類:amazarashi (3)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要

冷凍睡眠

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

歌手:amazarashi 

 

冷えたコンクリート もたれて頬を付ける 目線の先 西日に漂う埃を見る

冰冷的混凝土 臉頰沉沉緊貼 視線遠端 看著斜陽下飄浮的塵埃

何を話すでも無く 身動きとれず 僕は下手な絵空事ばかりを

一言不發 動彈不得 盡是一些拙劣又荒誕的事

ずっと空想する

我一直胡思亂想

「もう助からないだろう」 君の父さんが言う 丁度その時

「已經沒救了吧」你的父親說道 剛好此時

眼を細めて笑う君を思い出す

我想起你瞇起眼睛的笑臉

願えば叶うっていう言葉の空虚さだけが 僕の人生にそれからずっと

「只要許願就會成真」這類虛無的句子 從此以後我的人生

ぶら下がり続ける

只能仰賴於此

 

心臓は動いたまま眠り続ける 君がもしも死んだら

心臟依舊跳動沉睡依然 倘若你死去的話

僕も死ぬ事が出来ただろうか

我也能夠隨你而去吧

あれから数ヶ月 食うや食わずの生活

之後的數個月 我過著落魄的生活

生きながらに死んでいるって意味では僕も同じだ

活著卻又像死亡 就意思而言 我亦同樣

この世界からの逃避ばかり考えるのが 癖になり始めた頃に
總是想著如何逃避這個世界 當這種思考開始成為習慣的時候

保険会社の新商品

保險公司的新商品

テレビ ラジオ ネットに 最近目にするコピー

電視 電台 網絡 最近映進眼簾的宣傳廣告

「睡眠中に増える預金」 冷凍睡眠

「在睡眠中增加的存款」 人體冷凍技術

 

未だ消えぬ鮮明な美しき日々の色と 幾ら願ってみても決して叶わない事

依然歷歷在目多姿多彩的日子 與無論祈求多少次都不會實現的事情

分かっているが時は絶えた既に手遅れ

我都明暸 但時日無多 為時已晚

だからいっそ全部忘れて眠らせてくれ

所以索性忘掉一切 讓我沉睡吧

延命措置によりただ続く寝息も 後ろ髪引かれるだけの断ち切れない糸

依靠著延命裝置 僅是沉睡中持續的吐息 也叫我依戀 是剪不斷的情絲

堪え難い 悪夢みたい もう忘れたい

難以忍受 像一場惡夢 想將一切忘掉

いや 忘れない 分からない おやすみなさい

不會忘掉 我搞不清楚 晚安

 

それから六十年 僕は眠り続けて 月日は文字通りの悪夢として過ぎて

之後過了六十年 我一直保持沉睡 就如字面上 年月「惡夢」般過去

流転する万物は 無愛想で 冷め冷めとした態度だが

流轉變更的萬物 雖然態度 冷酷無情

僕にとっては未だ恩人で

對我而言仍像恩人一樣

あらゆる景色が変わり 君の病院も無くなり 始めは苦労した暮らしも

所有景色都變更 你所在的醫院不復存在 連當初很吃力的生活

今ではなんとかやってる

現在也勉強過得去

晴れ晴れしい気持ちで 新しい人生をやり直す

帶著澄淨的心情 重來一遍新的人生

君の事は忘れたよ ってそんなわけはない

「我已經把你忘掉了」 又怎麼可能會發生

 

美しい様々には魂が宿り その根底の連結で「美しい」は連なり

靈魂寄宿於美麗的事物 其深底連結著「美」

例えば夕暮れに望郷が蘇る様に 美しい様々が君の面影を呼び

譬如夕陽喚醒思鄉之愁 美麗的事物叫我想起你的臉容

その儚さに脅され続ける日々の果てに 行き着くどん詰まりは

被這種無常脆弱所脅迫的日子 走到末路看見的

やはり生き死にの闇

還是抉擇生死的黑暗

人は喪失を許容出来る生き物だ だが逃げ出した僕はその限りではない

人是容許自己喪失的生物 然而落荒而逃的我不為此限

 

未だ消えぬ鮮明な美しき日々の色と 幾ら願ってみても決して叶わない事

依然歷歷在目多姿多彩的日子 與無論祈求多少次都不會實現的事情

分かっているが時は絶えた既に手遅れ

我都明暸 但時日無多 為時已晚

だからいっそ全部忘れて眠らせてくれ

所以索性忘掉一切 讓我沉睡吧

延命措置によりただ続く寝息も 後ろ髪引かれるだけの断ち切れない糸

依靠著延命裝置 僅是沉睡中持續的吐息 也叫我依戀 是剪不斷的情絲

堪え難い 悪夢みたい もう忘れたい

難以忍受 像一場惡夢 想將一切忘掉

いや 忘れない 分からない おやすみなさい

不會忘掉 我搞不清楚 晚安

 

すっかり抜け殻になり 歩く並木道 幻覚か 君にそっくりな女の子を見る

徹底成為一副空殻 走在林木間 是幻覺嗎 看到一個與你極相似的女孩

休日の陽射し 賑やかに笑うその声に 限りなく確信に近い

假日的陽光 笑的開朗的這把聲音 近乎可以確信

君の面影を見る

看見你的身影

やおら女の子が駆け寄って抱きついた 受け止めた

女孩緩緩地走近緊緊抱著 我回應擁著她的身子

そのしわしわの両手に咲いた

在那雙皺紋滿佈的手中盛放

あの笑顔はまるで懐かしの絵画か 互いに目を細めて笑う顔は

那張笑臉宛如令人懷念的繪畫 睬起雙眼相視而笑的臉容

まさに僕の希望だ

簡直是我的希望

それこそが僕の希望だ 夢にまで見た僕の希望だ

這正是我的希望 連做夢也奢望著 我的希望

これこそが僕の希望だ 失った僕の希望だ

這正是我的希望 一度迷失的我的希望

 

未だ消えぬ鮮明な美しき日々の色と 幾ら願ってみても決して叶わない事

依然歷歷在目多姿多彩的日子 與無論祈求多少次都不會實現的事情

分かっているが時は絶えた既に手遅れ

我都明暸 但時日無多 為時已晚

だからいっそ全部忘れて眠らせてくれ

所以索性忘掉一切 讓我沉睡吧

延命措置によりただ続く寝息も 後ろ髪引かれるだけの断ち切れない糸

依靠著延命裝置 僅是沉睡中持續的吐息 也叫我依戀 是剪不斷的情絲

堪え難い 悪夢みたい もう忘れたい

難以忍受 像一場惡夢 想將一切忘掉

いや 忘れない 分からない どうすればいい?

 不會忘掉 我搞不清楚 該如何是好?

 

冷えたコンクリート もたれて頬を付ける 目線の先 西日に漂う埃を見る

冰冷的混凝土 臉頰沉沉緊貼 視線遠端 看著斜陽下飄浮的塵埃

何を話すでも無く 身動きとれず 僕は下手な絵空事ばかりを

一言不發 動彈不得 盡是一些拙劣又荒誕的事

ずっと空想する

我一直胡思亂想

 

下手な絵空事ばかりをずっと空想する

我盡是胡思亂想些拙劣又荒誕的事

文章標籤

日一 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

歡迎轉載,請留言通知及注明出處︰[ 日一文字翻譯 ]

 

終わりで始まり 始於終點

歌手:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

いつもの帰り道ふと 見上げたいつもの夜空

走在如常的回家路上 偶然仰望如常的夜空

なぜだか あの頃とは違って見えたんだ そうだな

不知怎的 景色竟有別於當初 說的也是

ぼくも 少しはまともになれたかな いや そうでもないか

我也 稍微變得穩重了吧 啊不 大概也沒這回事

今も変わらず 上手く笑えない毎日です

一如既往 笑得牽強地過每一天

あの頃の仲間も 無茶はしなくなった そりゃそうだ あいつも

當時的同伴 行事也不再魯莽 說的也是 那傢伙

立派な父親だもんな

已經成為一位好父親

部屋の中で死にそうな 顔をしていた僕も

曾經的我在房間中 呼天不應

今じゃこんな歌も歌えるようになった

如今也能夠唱出這樣的歌

 

友達のおかげで立ってるんだ 家族のおかげで歩けるんだ

全靠朋友我才能站得起來 全靠家人我才能穩住腳步

あなたのおかげで生きてるんだ

全靠你們我才能生存下去

「ありがとう」なんて言いたかねぇや でもさ

我可不想說什麼「謝謝你」 不過啊

 

いつか僕らが離れ離れになる その時だって笑っていたい

終有一天距離會把我們分開 即便如此希望仍能微笑

塞ぎ込んだ過去も正しかったと 言い張るために笑っていたい

過去有多沉鬱也沒半點錯 希望為了堅持自我而歡笑

それだけでいつかの 叶わなかった夢も

只要如此終有一天 未能實現的夢想

ただの過ぎた景色になるんだ

也會成為僅是擦身而過的一幀風景

結局空っぽのままのこの手を 僕らは大きく振りあって

到最後依然得無一物的這雙手 我們大力揮動著 

答えさえ見つけられなかった目に 涙を溜めてさよならして

連答案都未能尋到 雙目凝淚道別

悲しむな これがスタートラインだよ 僕らの終わりで始まり

別傷感 這裡就是起點啊 在我們的終點出發

 

この世界はそれほど 綺麗なもんじゃないけどさ

雖然這個世界 說不上有多美麗

そんなに急いで出て行く 事は無いじゃないか

但還是會逼不及待想進發 不是嗎

僕等の期待を 世界はよく裏切るけれど 期待していなかった喜びに

雖然這個世界 總叫我們事與願違 但不期而遇的驚喜

時々出会えるんだ

也會偶爾出現

 

裏切られた事に胸をはるんだ 信じようとした証拠なんだ

懷著自信面對不如意事 正是你嘗試相信自己的証明

疑った分だけ損したんだ

一旦懷疑自己就會招致失敗

「傷ついた」なんて言いたかねぇや だから

我可不想說什麼「真受傷」 所以啊

 

この先何があったって僕らは 振り向かずに走って生きたい

無論前路如何 希望我們能夠為生命奔馳不再回頭

つまずいた昨日も助走だったと 言い張るため走って生きたい

昨天絆倒在地也成為今天的助跑 希望為了堅持自我而奔跑

それだけで 僕らの笑えない思い出も ただの笑い話になるんだ

只要如此 叫我們難以言笑的回憶 也將會成為一個笑話

あの時ついに崩れ落ちた膝で 暗闇の中 駆け抜けて

當時雙膝終究跪在地上 但如今在黑暗中 再次疾走

あの時砂を握った掌で 確かな物を掴みたくて

當時手心只能抓住一把沙 如今想把真確的東西捉緊

分かるだろう これがスタートラインだよ 僕らの終わりで始まり

你應該很清楚 這裡就是起跑線啊 在我們的終點出發

 

日々が過ぎて 年が過ぎて 大切な人達が過ぎて

分秒一去不返 年月一去不返 重要的人們一去不返

急がなくちゃ 急がなくちゃ なんだか焦って つまずいて

不趕緊點 不趕緊點 不知怎的愈是焦躁 絆腳摔倒 

もう駄目だ 動けねぇよ うずくまってても時は過ぎて 考えて 考えて

已經不行了 無法動彈 但蹲在地上時間照樣流逝 快思考 快思考

やっと僕は僕を肯定して

終於我肯定了自己

立ち上がって 走り出して その時見上げたいつもの空

重新站起來 重新走出來 那時仰望相同的天空

あの頃とは違って見えたんだ あの日の未来を生きてるんだ

景色竟有別當初 我在那一天的未來 活下來了

全てを無駄にしたくないよ 間違いなんて無かったよ

不想前功盡廢 我沒有半點行差踏錯

今の僕を支えてるのは あの日挫けてしまった僕だ

現在把我支撐起來的 是那一天受盡挫敗的自己

 

「ありがとう」とか「愛しています」とか 分からないけど歌っていたい

「謝謝你」「我愛你」  雖然我不太懂 但仍然想唱出來

信じてくれたあなたは正しかったと 言い張る為に歌っていたい

取信於我的你沒半點錯 我想為了我們的堅持而高歌

それだけだ 僕の背中を押すのは あなたが喜んでくれる顔

僅是如此 在背後推我一把的 是你因為我而綻放的歡顏

あの時伸ばし続けたこの腕で 大きくギターかき鳴らして

當時往遠處伸盡的手臂 如今大力地彈奏著結他 

あの時何も言えなかった口で 下手くそな歌を 叫んで

當時什麼也說不出口的嘴巴 如今高呼著青澀的歌

いつだって ここがスタートラインだよ 僕らの終わりで始まり

無論何時 當下都是起點 在我們的終點出發

 

文章標籤

日一 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

 


歡迎轉載,請留言通知及注明出處︰[ 日一文字翻譯 ]

季節は次々死んでいく 季節相繼消逝

- amazarashi

 

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる

季節相繼消逝 絕命之聲化成陣風

色めく街の 酔えない男 月を見上げるのはここじゃ無粋

聲色街道上 酒醉不了的男人 抬頭看月索然無味


泥に足もつれる生活に 雨はアルコールの味がした

泥足深陷的生活裡     連雨水都帶有酒精的味道

アパシーな目で 彷徨う街で 挙動不審のイノセント 駅前にて

冷漠的眼神 遊離於徬徨的街道 在車站前 舉止奇怪卻天真無邪

 

僕が僕と呼ぶには不確かな 半透明な影が生きてる風だ

我到底是我嗎 如半透明影子的這陣風

雨に歌えば 雲は割れるか 賑やかな夏の干涸びた命だ

若在雨中高歌 會劃破雲朵嗎 繁夏中不被滋潤的生命

 

拝啓 忌まわしき過去に告ぐ 絶縁の詩

敬啟 向厭惡的過去宣告 緣盡之詩

最低な日々の 最悪な夢の 残骸を捨てては行けず ここで息絶えようと

 最壞的日子 夢魘的殘骸  無法捨棄前行 就在此氣絕

後世 花は咲き君に伝う 変遷の詩

後世 綻放鮮花向你傳遞 變遷之詩

苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも

被苦惱纏身 悲衰嘆息 仍會成為永不止息的歌 即使不被太陽照耀

   明日は次々死んでいく 急いても追いつけず過去になる

明日將相繼消逝 追成為追趕不及的過去

生き急げ僕ら 灯る火はせつな 生きる意味などは後からつく

我們生命匆匆 燈火剎那明滅 生存意義以後添上

君が君でいるには不確かな 不安定な自我が 君を嫌おうと

我到底存在嗎 不穩定的自我 討厭著你自己

せめて歌えば 闇は晴れるか 根腐れた夢に預かった命だ

至少高歌的話 能驅走黑暗吧 生命寄託於從根本腐爛的夢想

拝啓 忌まわしき過去に告ぐ 絶縁の詩

敬啟 向厭惡的過去宣告 緣盡之詩

最低な日々の 最悪な夢の 残骸を捨てては行けず ここで息絶えようと

 最壞的日子 夢魘的殘骸  無法捨棄前行 就在此氣絕

後世 花は咲き君に伝う 変遷の詩

後世 綻放鮮花向你傳遞 變遷之詩

苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも

被苦惱纏身 悲衰嘆息 仍會成為永不止息的歌 即使不被太陽照耀

 


疲れた顔に足を引きずって 照り返す夕日に顔をしかめて

一臉倦容拖著疲憊的腿 夕陽反照在我臉上不禁皺眉

行こうか 戻ろうか 悩みはするけど しばらくすれば 歩き出す背中

該前進嗎 該回頭嗎 縱然煩惱 但再過不久 會看到邁步的身影

そうだ行かねばならぬ 何はなくとも生きて行くのだ

對啊 只能繼續前行 總之要活著走下去

僕らは どうせ拾った命だ ここに置いてくよ なけなしの

我們 反正是拾回來的命 就擱一點點在這兒吧


拝啓 今は亡き過去を想う 望郷の詩

敬啟 現已逝亡想念過去 思故之詩

最低な日々が 最悪な夢が 始まりだったと思えば 随分遠くだ

 將最壞的日子 與夢魘一同 當成開始的話 它們將會遠去

どうせ花は散り 輪廻の輪に還る命

反正鮮花會凋落 會重回六道輪迴的生命

苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも

被苦惱纏身 悲衰嘆息 仍會成為永不止息的歌 即使不被太陽照耀

 

文章標籤

日一 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()