歡迎轉載,請留言通知及注明出處︰[ 日一文字翻譯 ]

季節は次々死んでいく 季節相繼消逝

- amazarashi

 

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる

季節相繼消逝 絕命之聲化成陣風

色めく街の 酔えない男 月を見上げるのはここじゃ無粋

聲色街道上 酒醉不了的男人 抬頭看月索然無味


泥に足もつれる生活に 雨はアルコールの味がした

泥足深陷的生活裡     連雨水都帶有酒精的味道

アパシーな目で 彷徨う街で 挙動不審のイノセント 駅前にて

冷漠的眼神 遊離於徬徨的街道 在車站前 舉止奇怪卻天真無邪

 

僕が僕と呼ぶには不確かな 半透明な影が生きてる風だ

我到底是我嗎 如半透明影子的這陣風

雨に歌えば 雲は割れるか 賑やかな夏の干涸びた命だ

若在雨中高歌 會劃破雲朵嗎 繁夏中不被滋潤的生命

 

拝啓 忌まわしき過去に告ぐ 絶縁の詩

敬啟 向厭惡的過去宣告 緣盡之詩

最低な日々の 最悪な夢の 残骸を捨てては行けず ここで息絶えようと

 最壞的日子 夢魘的殘骸  無法捨棄前行 就在此氣絕

後世 花は咲き君に伝う 変遷の詩

後世 綻放鮮花向你傳遞 變遷之詩

苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも

被苦惱纏身 悲衰嘆息 仍會成為永不止息的歌 即使不被太陽照耀

   明日は次々死んでいく 急いても追いつけず過去になる

明日將相繼消逝 追成為追趕不及的過去

生き急げ僕ら 灯る火はせつな 生きる意味などは後からつく

我們生命匆匆 燈火剎那明滅 生存意義以後添上

君が君でいるには不確かな 不安定な自我が 君を嫌おうと

我到底存在嗎 不穩定的自我 討厭著你自己

せめて歌えば 闇は晴れるか 根腐れた夢に預かった命だ

至少高歌的話 能驅走黑暗吧 生命寄託於從根本腐爛的夢想

拝啓 忌まわしき過去に告ぐ 絶縁の詩

敬啟 向厭惡的過去宣告 緣盡之詩

最低な日々の 最悪な夢の 残骸を捨てては行けず ここで息絶えようと

 最壞的日子 夢魘的殘骸  無法捨棄前行 就在此氣絕

後世 花は咲き君に伝う 変遷の詩

後世 綻放鮮花向你傳遞 變遷之詩

苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも

被苦惱纏身 悲衰嘆息 仍會成為永不止息的歌 即使不被太陽照耀

 


疲れた顔に足を引きずって 照り返す夕日に顔をしかめて

一臉倦容拖著疲憊的腿 夕陽反照在我臉上不禁皺眉

行こうか 戻ろうか 悩みはするけど しばらくすれば 歩き出す背中

該前進嗎 該回頭嗎 縱然煩惱 但再過不久 會看到邁步的身影

そうだ行かねばならぬ 何はなくとも生きて行くのだ

對啊 只能繼續前行 總之要活著走下去

僕らは どうせ拾った命だ ここに置いてくよ なけなしの

我們 反正是拾回來的命 就擱一點點在這兒吧


拝啓 今は亡き過去を想う 望郷の詩

敬啟 現已逝亡想念過去 思故之詩

最低な日々が 最悪な夢が 始まりだったと思えば 随分遠くだ

 將最壞的日子 與夢魘一同 當成開始的話 它們將會遠去

どうせ花は散り 輪廻の輪に還る命

反正鮮花會凋落 會重回六道輪迴的生命

苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも

被苦惱纏身 悲衰嘆息 仍會成為永不止息的歌 即使不被太陽照耀

 

文章標籤
創作者介紹

日一文字

日一 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()