WC

歌手:高橋優 

作詞:高橋優

作曲:高橋優

 

死んでほしい人の名を挙げても

就算公開他人名字咒他去死

元も子もない愚痴を並べても

就算發一些於事無補的牢騷

自分の顔も名前もバレやしない

自己的長相和名字都不會曝露

 

人の揚げ足を取るための場所

這是為了讓人們找碴而設的地方

人の気持ちズタボロにする廃墟

這是讓人們的心意被糟蹋的廢墟

叩かれる側の孤独だけでなく

孤獨的不僅是被抨擊的一方

叩く側に回らなくちゃならない 顔のない群の孤独な叫び

立場也要站在去抨擊的一方 沒有露臉的一群 他們孤獨的吶喊

 

政治家や先生や聖者でさえ

就連政治家 老師 聖人

ときには残酷なことを言うし

有時也會說些殘忍的話

驚くほど冷徹にもなれる

會變到冷漠得叫人驚愕

生きてくためのバランスが揺れる

活下去的平衡遭受動蕩

誰しもがきっと似た者同士

誰都肯定是多麼的相似

優しくもなれば皮肉にもなる

能夠待人以善 也能冷嘲熱諷

“誰かがこっちを見ている気がする”

「我感覺好像有人在看我」

音のない叫び声が聞こえるよ

我聽見無聲的尖叫吶喊啊

 

最高級の料理食べても

縱使吃最高級的飯餐

ブランド品で身を纏ってても

縱使將名牌纏滿一身

WCん中の行為に大差ない

在WC裡的行為大同小異

僕の中にもある心の膿み

存在於我體內那心中的刺

同じく誰もが持つ微笑み

任何人都同樣擁有的笑容

何故に人は闇に惹かれていくんだろう

何以人們會被暗黑所吸引

「どっちもどっちで人間だよ」なんて

「我們大家都生以為人啊」這種話

簡単に答え出してたくない

可不想輕易地答出

 

尊い命が失われてく

漸漸失去寶貴的生命

自らの手で失われていく

從自己手上逐漸流失

報じられた被疑者が叩かれる

嫌疑犯公諸於世遭受抨擊

叩く孤独は置き去りにされる

忽視抨擊別人背後的孤獨

誰しもがきっと似た者同士

誰都肯定是多麼的相似

優しくもなれば皮肉にもなる

能夠待人以善 也能冷嘲熱諷

本当に悪いのが誰かより

真正的邪惡是不知道

本当に愛すべき人は誰?

誰才是要真正要愛的人?

 

情報塗れの雨が降ってる

漫天沾滿了各種消息下起大雨

悪意無き誹謗の風が荒ぶ

毫無惡意的誹謗形成風暴肆虐

何にも変わらぬ世界を嘆き

為永不改變的世界哀嘆

それでも未来に期待をしたり

即使如此仍然期待未來

誰しもがきっと似た者同士

誰都肯定是多麼的相似

優しくもなれば皮肉にもなる

能夠待人以善 也能冷嘲熱諷

本当に悪いのが誰かより

真正的邪惡是不知道

本当に愛すべき人は誰?

誰才是要真正要愛的人?

創作者介紹

日一文字

日一 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()