歡迎轉載,請留言通知及注明出處︰[ 日一文字翻譯 ]

 

終わりで始まり 始於終點

歌手:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

いつもの帰り道ふと 見上げたいつもの夜空

走在如常的回家路上 偶然仰望如常的夜空

なぜだか あの頃とは違って見えたんだ そうだな

不知怎的 景色竟有別於當初 說的也是

ぼくも 少しはまともになれたかな いや そうでもないか

我也 稍微變得穩重了吧 啊不 大概也沒這回事

今も変わらず 上手く笑えない毎日です

一如既往 笑得牽強地過每一天

あの頃の仲間も 無茶はしなくなった そりゃそうだ あいつも

當時的同伴 行事也不再魯莽 說的也是 那傢伙

立派な父親だもんな

已經成為一位好父親

部屋の中で死にそうな 顔をしていた僕も

曾經的我在房間中 呼天不應

今じゃこんな歌も歌えるようになった

如今也能夠唱出這樣的歌

 

友達のおかげで立ってるんだ 家族のおかげで歩けるんだ

全靠朋友我才能站得起來 全靠家人我才能穩住腳步

あなたのおかげで生きてるんだ

全靠你們我才能生存下去

「ありがとう」なんて言いたかねぇや でもさ

我可不想說什麼「謝謝你」 不過啊

 

いつか僕らが離れ離れになる その時だって笑っていたい

終有一天距離會把我們分開 即便如此希望仍能微笑

塞ぎ込んだ過去も正しかったと 言い張るために笑っていたい

過去有多沉鬱也沒半點錯 希望為了堅持自我而歡笑

それだけでいつかの 叶わなかった夢も

只要如此終有一天 未能實現的夢想

ただの過ぎた景色になるんだ

也會成為僅是擦身而過的一幀風景

結局空っぽのままのこの手を 僕らは大きく振りあって

到最後依然得無一物的這雙手 我們大力揮動著 

答えさえ見つけられなかった目に 涙を溜めてさよならして

連答案都未能尋到 雙目凝淚道別

悲しむな これがスタートラインだよ 僕らの終わりで始まり

別傷感 這裡就是起點啊 在我們的終點出發

 

この世界はそれほど 綺麗なもんじゃないけどさ

雖然這個世界 說不上有多美麗

そんなに急いで出て行く 事は無いじゃないか

但還是會逼不及待想進發 不是嗎

僕等の期待を 世界はよく裏切るけれど 期待していなかった喜びに

雖然這個世界 總叫我們事與願違 但不期而遇的驚喜

時々出会えるんだ

也會偶爾出現

 

裏切られた事に胸をはるんだ 信じようとした証拠なんだ

懷著自信面對不如意事 正是你嘗試相信自己的証明

疑った分だけ損したんだ

一旦懷疑自己就會招致失敗

「傷ついた」なんて言いたかねぇや だから

我可不想說什麼「真受傷」 所以啊

 

この先何があったって僕らは 振り向かずに走って生きたい

無論前路如何 希望我們能夠為生命奔馳不再回頭

つまずいた昨日も助走だったと 言い張るため走って生きたい

昨天絆倒在地也成為今天的助跑 希望為了堅持自我而奔跑

それだけで 僕らの笑えない思い出も ただの笑い話になるんだ

只要如此 叫我們難以言笑的回憶 也將會成為一個笑話

あの時ついに崩れ落ちた膝で 暗闇の中 駆け抜けて

當時雙膝終究跪在地上 但如今在黑暗中 再次疾走

あの時砂を握った掌で 確かな物を掴みたくて

當時手心只能抓住一把沙 如今想把真確的東西捉緊

分かるだろう これがスタートラインだよ 僕らの終わりで始まり

你應該很清楚 這裡就是起跑線啊 在我們的終點出發

 

日々が過ぎて 年が過ぎて 大切な人達が過ぎて

分秒一去不返 年月一去不返 重要的人們一去不返

急がなくちゃ 急がなくちゃ なんだか焦って つまずいて

不趕緊點 不趕緊點 不知怎的愈是焦躁 絆腳摔倒 

もう駄目だ 動けねぇよ うずくまってても時は過ぎて 考えて 考えて

已經不行了 無法動彈 但蹲在地上時間照樣流逝 快思考 快思考

やっと僕は僕を肯定して

終於我肯定了自己

立ち上がって 走り出して その時見上げたいつもの空

重新站起來 重新走出來 那時仰望相同的天空

あの頃とは違って見えたんだ あの日の未来を生きてるんだ

景色竟有別當初 我在那一天的未來 活下來了

全てを無駄にしたくないよ 間違いなんて無かったよ

不想前功盡廢 我沒有半點行差踏錯

今の僕を支えてるのは あの日挫けてしまった僕だ

現在把我支撐起來的 是那一天受盡挫敗的自己

 

「ありがとう」とか「愛しています」とか 分からないけど歌っていたい

「謝謝你」「我愛你」  雖然我不太懂 但仍然想唱出來

信じてくれたあなたは正しかったと 言い張る為に歌っていたい

取信於我的你沒半點錯 我想為了我們的堅持而高歌

それだけだ 僕の背中を押すのは あなたが喜んでくれる顔

僅是如此 在背後推我一把的 是你因為我而綻放的歡顏

あの時伸ばし続けたこの腕で 大きくギターかき鳴らして

當時往遠處伸盡的手臂 如今大力地彈奏著結他 

あの時何も言えなかった口で 下手くそな歌を 叫んで

當時什麼也說不出口的嘴巴 如今高呼著青澀的歌

いつだって ここがスタートラインだよ 僕らの終わりで始まり

無論何時 當下都是起點 在我們的終點出發

 

文章標籤
創作者介紹

日一文字

日一 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()